日本心理劇協会 Japanese Society for Psychodorama

研修会のお知らせ

第126回心理劇(冬期)研修会  2019年1月12日(土)~13日(日)

<主催>
日本心理劇協会
<共催>
日本関係学会 関係状況療法研究会 看護心理劇研究会
<会場>
12日:東京ウィメンズプラザ
13日:東京家政学院大学 三番町キャンパス

【特別プログラム】

  1. 多様性が拓く豊かな状況の創造 
    様々な領域・様々な人々と創る心理劇の可能性を探求します。
    その1:教員研修における心理劇の活用(学校現場では、児童理解を深めつつ個と集団にかかわっていくことが求められます。新人の先生方を主な対象とする教育相談研修の中から、自己理解や人間の多様性のおもしろさを実感する心理劇をご紹介いたします。)
  2. 関係状況心理劇の理論・技法・実際 その1:共有状況を共に創るとは
<1月12日> 東京ウィメンズプラザ 第一会議室 受付 9:30
第1セッション  10:00~12:00 出会いの心理劇
第2,3セッション 13:00~16:30 共有状況を共に創る
<1月13日> 東京家政学院大学三番町キャンパス 1214教室 受付 9:30
第4セッション  10:00~12:00 教員研修における心理劇①
第5,6セッション 13:00~16:30 同② 課題解決の心理劇

<監督・補助自我チーム:土屋明美 水流恵子 小里國恵  協力監督:岩城衆子>

<申込方法> Fax 或いはメ-ルにお名前・所属・連絡先をご記入の上、当日会員費を郵便振替でお振込ください。ホームページ(日本心理劇協会)からも申込可能です。
本研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が認めるワークショップまたは研修会として承認を受けています。
<会場> (12日と13日で会場が変わりますのでご留意ください。)
【12日(土)】
 東京ウィメンズプラザ 第一会議室 渋谷区神宮前5-53-67
 http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/
【13日(日)】
 東京家政学院大学三番町キャンパス1214教室 千代田区三番町22番地
  https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
<問合先> e-mail info@shinrigeki.jp Fax 046-222-9630
<当日会員費> 一般8,000円 学生3,000円(1日参加半額)
<定員> 20名
<振込先> 日本心理劇協会 郵便振替00290-4-44045 
<事務局> 〒243-0002 厚木市元町10-2 土屋気付

研修会場までの行き方【1/12(土)】
東京ウィメンズプラザ 第一会議室 渋谷区神宮前5-53-67

JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅 B2出口から徒歩7分
都バス(渋88号系統)渋谷駅から2つめ 青山学院前バス停から徒歩2分

研修会場までの行き方【1/13(日)】
東京家政学院大学三番町キャンパス1214教室 千代田区三番町22番地

JR 中央線・総武線、東京メトロ 有楽町線・南北線、都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅から徒歩約8分(地下鉄 A3番出口)
東京メトロ 半蔵門線半蔵門駅から徒歩約8分(5番出口)
東西線九段下駅から徒歩約12分(2番出口)
地図

日本心理劇協会事務局

〒243-0002 神奈川県厚木市元町10-2 土屋気付

このページのトップへ

心理劇研修会プログラム(125回~110回)

第125回 2018年7月28日~29日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その10 対人援助者養成の心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―心理劇におけるチーム形成 その1監督と補助自我

第124回 2018年1月7日~8日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その9 保育者養成の心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展心理劇技法論 状況―関係心理劇の始まり その3:役割の創造とは

第123回 2017年7月29日~30日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その8 保育者養成の心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論 状況-関係心理劇の始まり その2:役割の構造と機能

第122回 2017年1月8日~9日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その7 男女共生社会と心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論 状況-関係心理劇の始まり
その1:今・ここで・新しく体験する対人関係。

第121回 2016年8月20日~21日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その6
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―心理劇における三者関係

第120回 2016年1月9日~10日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その5 高齢者との心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―状況と自己のかかわり方。

第119回 2015年8月1日~2日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その4
 スクールカウンセリングにおける心理劇-中学生との実践事例から。
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―creative-movie drama 「私の物語」を創る。

第118回 2015年1月10日~11日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その3―家庭生活に変化をもたらす心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―「creative movie-drama 映画心理劇」

第117回 2014年8月2日~3日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その2―子どもと共に創る心理劇
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―補助自我における playfulness(演戯性)

第116回 2014年1月11日~12日

特別プログラムⅠ
未来への見通しを描く心理劇 その1―養育者・母親と共に
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―複合ダブル技法の適用について

第115回 2013年8月10日~11日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える―支え合う関係の創造 その5 関係の落差を超えて
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―監督技法 その3
心理劇と想像力の役割 (グレーテ・A.ロイツ著「人生を舞台に」を読む)

第114回 2013年1月12日~13日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える-支え合う関係の創造 その4 新たな関係の獲得と継承
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―監督技法 その2 テーマの場面化について

第113回 2012年8月25日~26日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える-支え合う関係の創造 その3 (関係の喪失をどのように受けとめるか・どのように新たな関係を獲得するかについての心理劇)
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―グループにおける監督の諸機能についての理論と実践

第112回 2012年1月7日~8日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える―支え合う関係の創造 その2 (時と処が離れていてもつながっている関係を創るとは)
特別プログラムⅡ
心理劇・グループを始める。(グループにおける監督・補助自我チームの機能について)

第111回 2011年8月27日~28日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える:支え合う関係の創造
(大震災の後に;感じ・考え・新たに行動すること)
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法論―心理劇・グループを始める
(心理劇の導入技法の体系化に向けて)

第110回 2011年1月8日~9日

特別プログラムⅠ
現代の人間関係を考える:接在共存する関係とは
(心理劇体験から基礎原理の現代的意味を探求します)
特別プログラムⅡ
関係発展の心理劇技法―絵本心理劇
(人生の物語を絵本に描き、絵本を創る心理劇)

このページのトップへ